気になる汗のトラブルは多汗症が原因|気軽に受けられる最新治療

女性

脇汗をボトックスで改善

女医

ダウンタイムが少ない

夏場になると脇汗が多く、汗ジミや体臭に悩んでしまうという方も、少なくありません。通常よりも多く汗をかく症状は、多汗症と言われています。多汗症といっても症状は様々で、手の平や顔に汗を多くかくタイプもあります。脇汗が多くなる多汗症は「腋窩多汗症」と言われており、症状が重い場合は医療機関で治療する事が可能です。治療には色々な種類があるので、自分に合った治療法を探しましょう。メスを使う手術法もありますが、脇部分を切開・縫合するので3日間程度は患部を固定する必要があります。また、2週間ほどは安静にする必要があり仕事上、長く休めないという場合は、なかなか施術を受けられません。このような場合は、ボトックス注射による治療がおすすめです。ボトックス注射は汗の分泌を抑える薬剤を、脇に注入する施術を行います。薬剤は注射器で注入するので、体にメスを入れる事はありません。施術時間は約15分程度と短く、しかもすぐに日常生活に戻れる点が、ボトックス注射のメリットです。ダウンタイムがほとんど無い治療法なので、働きながら多汗症を改善したいという方におすすめです。

注射で施術が終了

ボトックス注射は多汗症治療の1つです。脇や手・足の裏の多汗症治療に用いられます。特に汗ジミができやすく、体臭も強くなりがちな脇の多汗症は、コンプレックスになりがちです。脇汗が多く悩んでいるという方に、特にボトックス注射はおすすめとなっています。ボトックス注射に使用される薬剤には、アセチルコリンという神経伝達物質の働きを、弱める作用があります。この働きによって汗を出にくくし、多汗症の症状を軽減するのです。注射器で薬剤を注入するので、脇部分に傷跡が残ってしまうという事はありません。もちろん、入院や通院をする必要も無いので、忙しいという方にピッタリの治療法と言えるでしょう。気になる費用ですが、約10万円程度が相場となっています。1度、施術を受ける事によって1年程度、汗を抑える事が可能です。汗の分泌が増える夏の前に施術を受ける事で、夏場にかけて脇汗が増えるという、不快な症状を改善できます。ボトックス注射による多汗症治療を受けたいという場合、皮膚科を受診しましょう。