気になる汗のトラブルは多汗症が原因|気軽に受けられる最新治療

女性

体質ではなく病気である

レディー

正しい認識をする

多くの人が、多汗症はその人の体質であって、基本的には治らないものではないかと考えています。しかし、多汗症自体は、生理的作用により必要以上に汗をかいてしまう病気なのです。 これは、わきの下、手のひら、足の指の間など特定の部位に目立ち、緊張したりするとさらに汗が増えます。多汗症には有効な治療法があり、交感神経を切除したり、アルコールでブロックしたりする方法があります。また汗には2種類あります。1つ目は、体温調節のために出る汗で温熱性発汗です。2つ目は、緊張したときなどに出る汗で精神性発汗です。多汗症は2つ目の精神性発汗の汗で、温熱性発汗とは出る部位が異なり部分的です。 多汗症の治療では、交感神経を切除するか、何らかの形でブロックすることになります。足の裏の場合、手術ではなく腰椎の側面の交感神経をブロックするのが有効です。 手のひらの場合、以前は肋骨の上の交感神経をブロックするのが一般的でしたが、近年では胸腔鏡下の交感神経の切除が多く行われています。いずれの方法にしても交感神経をブロックするので、汗を抑える効果は顕著にあらわれます。

誤解されていること

多汗症の治療では、手術またはブロックすることで完全に汗を止めてしまいます。ですので、当然その部位の皮膚は乾燥します。その代わりに他の部位の汗が増えるという代償性発汗があります。手術後にこういった症状があることを理解して、日々の生活に支障があるかをしっかりと熟考してから治療を行うべきです。 多汗症には、心理療法が有効であるという話があります。多汗症の人は、人前に立ったりすると緊張のせいで汗が大量に出るので、緊張しないように心理的アプローチをしようとするものです。しかし、緊張しない場面においても特定部位から大量の汗が出ることから、必ずしも有効であるとは言えません。 よく誤解されていることが多汗症とワキガは違うということです。この2つでは、汗の出る汗線の場所が異なります。多汗症の汗は、エクリン線から水のように出てくるのに対して、ワキガは、アポクリ線からネバネバとした汗が出てきます。アポクリ線は体毛が生えている部位に限られ、肌にある細菌などが増殖して不快な匂いを発生させます。こういった違いを知った上で治療は進めていくといいでしょう。